離婚一般

離婚一般

離婚原因の実務運用上の問題点3(有責配偶者の要件の過度の単純化)

現状の離婚に関する実務の運用の問題点を指摘します。問題がある以上、将来的には変化することが期待されます。問題点を指摘していかないと変化は起こりません。また、思...
離婚一般

離婚原因の実務運用の問題点2(有責配偶者が浮気に限定)

現状の離婚に関する実務の運用の問題点を指摘します。問題がある以上、将来的には変化することが期待されます。問題点を指摘していかないと変化は起こりません。また、思わ...
離婚一般

離婚原因の実務運用の問題点(長期間の別居)

現状の離婚に関する実務の運用の問題点を指摘します。 問題がある以上、将来的には変化することが期待されます。問題点を指摘していかないと変化は起こりません。また、...
離婚一般

離婚条件を決めるのを先延ばしにするのも手

離婚するにあたって決めるべき諸々の条件を、離婚条件といいます。 具体的には、「親権はどちらにするのか」、「養育費はいくらずつ払うのか」、「慰謝料をいつ、...
離婚一般

妻と離婚したくなった場合に考えること(①こちらが浮気している場合)

「妻とはもうやっていけない」「離婚するしかない」と考えたときに、どのようなことを考え、どのような行動をとるべきでしょうか。 こちらが浮気をしている場合と...
離婚一般

離婚を弁護士に相談する前にしておくべき覚悟

こちらが積極的に離婚したくて行動する場合にしろ、妻側が弁護士に依頼したり調停申立てをしてきた場合にしろ、ある程度離婚がスムーズにいかなさそうな場合は、弁護士に...
離婚一般

自分だけで調停に出席する場合の3つのポイント

離婚の手続では、離婚調停(夫婦関係調整調停)、婚姻費用調停(生活費の支払い調停)、面会交流調停等の調停がつきものです。 関連記事 ⇒離...
離婚一般

妻から離婚を求められた場合に考えるべき3つのこと

妻から離婚を求められたとき、予想通りなのか、全く想定外だったのか、様々な場合があると思います。とはいえ、すべてを後回しにしたり、流れにまかせることがよいとは限り...
離婚一般

離婚原因の考え方(その2 裁判上の離婚原因)

離婚原因や離婚理由というと、暴力とか浮気とか性格の不一致等が浮かびます。でも、明確な離婚原因がなくても、夫婦双方が離婚に合意すれば離婚できます。 ...
離婚一般

妻の弁護士から手紙が来た!

妻の弁護士から「貴殿との離婚について代理人となりましたので云々」といった内容の書面が来た場合、どうすればよいでしょうか? 関連記事 ⇒...
Top
PAGE TOP