妻の浮気相手に慰謝料請求するために、まずすべき3つのこと

妻が浮気をした場合、妻に対する離婚原因となるほか、浮気相手に対して慰謝料請求をすることができます。


しっかりとけじめをつけてもらうために、まずすべき3つのことがあります。

  1. 証拠を固める。
  2. 相手の素性をつかむ。
  3. 方針を決める。

1.証拠を固める

仮に妻が浮気を認めたとしても、あとで「そんなことを言った覚えはない」と言われてしまうと、「言った」「言わない」の水掛け論になります。ですから、妻が浮気を認めたのであれば、浮気を認めたことを書面化する、録音する等の証拠固めが大切です。

できれば、内容はより具体的なほうがよいです。というのは、単に「私は浮気をしました」という程度の内容だと、脅かされて無理やり書かされた等と言われたときに弱いからです。実際にやっていないと書けない程度の、具体性のある自白をとっておきましょう。

2.相手の素性をつかむ

浮気をしていることは間違いないが、誰だか分からないと手の出しようがないことがあります。できれば名前と、住所や勤務先等の手紙を送付できる場所をつかんでおきたいところです。

こういった情報は、弁護士等に依頼した後は相手も警戒してつかめないことが多いので、できるだけ早い段階から注意して尻尾をつかむようにしてください。

なお、相手の携帯番号が分かれば、弁護士であれば、相手の住所等を調査できることもあります。名前や住所が分からなくても、何らかの手がかりをつかめれば、最終的に住所や氏名をつかめることもあるので、できる限り情報収集する必要があります。

また、相手の勤務先をこちらが知っている場合、交渉上有利になったり、相手が支払いを渋った場合に強制的に回収しやすくなるので、勤務先も聞けるようであれば、できる限り聞いておくことをお勧めします。

3.方針を決める

浮気の慰謝料請求をするにあたって、こちらが金銭的にできるだけプラスになることを重視するのか、相手にダメージを与えることを重視するのか、人によって考えに違いがあります。

たとえば、「証拠固めや相手の素性を調べるにあたって探偵を利用するかどうか」、「弁護士に依頼するか、自分でするか」、「裁判を踏まえて徹底的にやるか」といった点は、自分自身の費用対効果という面ではかえって手取りが少なくなったり、マイナスになったりする場合もあります。

しかし、相手に対してけじめをつけてもらうことを最優先にするのであれば、費用対効果はさておき、徹底的にやるべきということになります。

弁護士紹介

弁護士戸谷彰吾

弁護士 戸谷 彰吾
マイタウン法律事務所金沢文庫事務所所長弁護士。男性の離婚事件を数多く扱う。

慰謝料
男の離婚|男の離婚相談なら-横浜・東京・大阪のマイタウン法律事務所
Top
PAGE TOP